育毛女性

女性向けの育毛剤に含まれている添加物とは

育毛,女性,薄毛,改善,抜け毛,対策

 

育毛剤に含まれている添加物

 

女性向けの育毛剤は多くありますが、ほとんどの製品には添加物が含まれています。
添加物はアレルギーなどを引き起こすことがありますので、
なるべくなら無添加のものを選ぶとよいでしょう。

 

 

 

添加物にも種類が色々あるのですが、育毛剤に含まれている中で代表的なものはパラベン、
フェノキシエタノールを始めとした防腐剤、香り付けに使用されている香料、

 

 

 

色を付けるために用いられている着色料、日焼け止めの効果がある紫外線吸収剤
洗浄の効果を持つ石油系界面活性剤などです。

 

 

育毛剤に使われる添加物

 

香料や着色料に分類される成分は多いものの、香料全般は1000人あたり12人程度が、
着色料全般は1000人あたり58人程度がアレルギーを起こしてしまうと言われています。

 

 

 

防腐剤のパラベンは表示指定成分であり、
パラベンを含んでいる場合は必ず明記しなければいけません。

 

 

 

パラベンでアレルギーを起こすのは1000人に2人程度と言われているので、
香料や着色料と比べると危険度は低いものの、
気になるならパラベンフリーの製品を利用するとよいでしょう。

 

育毛,女性,薄毛,改善,抜け毛,対策

 

紫外線吸収剤や石油系界面活性剤は肌への刺激が強いので、
肌荒れを引き起こすケースもあります。

 

 

 

基本的に、添加物は肌によい成分ではありませんので、
頭皮のことを考えるなら添加物を含んでいる育毛剤は避けた方が無難です。

 

 

 

ただ、アトピー性皮膚炎を始めとした肌トラブルを抱えている場合は
無添加の育毛剤でも悪影響が出るケースがあるので、
使用する前に医師に相談するとよいでしょう。

 

 

 

>>>女性用の育毛剤を使うとどれくらいのお金がかかるのか